歯科コラム

2014年12月 2日 火曜日

口臭の原因【唾液不足】

江﨑歯科では、口臭治療に力を入れております。
先日、口臭の一番の原因として、舌苔と嫌気性菌の繁殖についてお話ししました。
今日お話しするのは、舌苔の次に多い口臭の原因です。
それは「唾液不足」です。

口臭以前の問題でもあるのですが、現代人は全般的に唾液量が落ちています。
これは日常的に固いものを食べず、やわらかめのものばかりを食べている為、咀嚼の回数が減っている事が原因です。
咀嚼をすればするほど唾液は出てくるのですが、咀嚼が少ないと唾液はあまり出てこないのです。
嫌気性菌は、酸素が少なくなるほど活発になります。
口腔内が乾燥していると酸素が減ってしまいますが、唾液が多く分泌されていれば、湿った状態となり、 嫌気性菌の動きが鈍くなりますので、口臭も気にならなくなります。

ちょっと難しく書いてしまいましたので、もっと分かりやすく説明しますと、朝起きた時って、口の中が乾燥して粘ついていませんか?
臭いも気になる方が多いでしょう。
咀嚼もせず、水分も取らない夜間、口の中が乾燥して嫌気性菌が活発になります。
だから、口の中がパサパサして粘つき、臭いが出るのです。

つまり、唾液を多く分泌できれば、口臭予防に繋がるという事です。
そのための対策としてとても簡単な方法が、ガムを噛むという事。
是非、口臭予防として取り入れてください!



投稿者 医療法人江﨑歯科

新着情報

一覧を見る

2017/06/28

お盆休みのお知らせ。8月11日(金)から14日(月)までお休みさせていただきます。10日木曜日は診療しております。

2016/12/13

【年末休暇のお知らせ】
12月29日午後より1月4日まで休診させていただきます。

2016/12/09

【内覧会のお知らせ】12月25日(日)10:00~18:00まで開催します。

2016/10/11

現在、歯科医師を募集しております。

2016/07/19

8月11日(木)~8月14日(日)は夏季休暇とさせて頂きます。

facebook いいね!お願いします
お問い合わせ